病院の何科でも重宝のミノサイクリンには腹痛の副作用

抗生物質の一つに、ミノサイクリンがあります。
これは、細菌が生育するにあたって必要な蛋白質の生成を阻害し、病原微生物が増えるのを抑える作用をする抗生物質なのです。
ミノサイクリンの特徴は、通常量を使う場合は、菌が増殖するのを抑える作用だけにとどまりますが、高濃度で使用した場合、病原微生物を死滅させるという働きをするのです。
他の抗生物質が効かない病原微生物による感染症の治療薬として、有効に活躍をしています。
さまざまな細菌に効能を発揮しますので、その万能性の高さから、何科であっても広く使用されています。
チフス、皮膚感染症、扁桃炎や咽頭炎、肺炎などの呼吸器感染症などの疾病の治療に使われています。
ミノマイシンを一度だけ服用すれば、それで細菌が完全に死滅するわけではありません。
細菌の動きが再び活性化して暴れることのないように、血液中の成分濃度を一定に保っておくことが大切です。
そのため、症状があらわれている間は、中断することなく継続服用するのが望ましいです。
さらに、症状が軽くなってきたからといって、自分だけの判断で使用をやめてしまうと、薬に対して抵抗力を持った耐性菌が出てくる危険性もあります。
使用をやめるか継続すべきかの判断は、何科であっても医師の指示を仰ぐようにすべきです。
ミノサイクリンの副作用としては、たまに、発疹やかゆみなどのアレルギー症状が出てくることがあります。
とりわけ、服用中に長い時間、肌を直射日光にさらしていると、過敏症状を発症しやすくなります。また、
また、腹痛、食欲不振や吐き気、下痢などの症状が出てくることもあります。
腹痛だけならともかく、もし下痢の症状があったら、菌交代症による腸炎の恐れもありますので、すぐに医師に相談することが大切です。
実際には、腹痛程度のもので、総合病院の何科であっても、重大な副作用があらわれることは滅多にありません。