ミノサイクリンはこんな病気に使われる

ミノサイクリンは、様々な細菌に有効なので、細菌を殺菌する薬として広く使用されています。
細菌による感染症に非常に効果があります。
病原菌の増殖を抑え死滅させることで、病気を治します。
耐性菌が少なめで、抗菌力が強いのが特徴です。
マイコプラズマ肺炎やクラミジア症、ニキビ菌殺菌、マラリア治療などに使われています。
感染症ではないので、正しい適応症ではありませんが、稀な使い方としてリウマチ治療にも用いることがあります。
他に使用するリウマチの薬で起こる肺障害の副作用に効果があります。
乳児や幼児、また妊娠・授乳中の人には基本的には服用は認められていません。
妊娠の可能性がある場合は、医師に伝える必要があります。
ミノサイクリンを使用するにあたって、飲み合わせなどたくさんの注意事項があります。
他の薬を服用中の場合は、市販品であっても事前に医師への報告が必須です。
薬の使用は必ず医師の指示に従うようにします。
決められた用法を守らないと、薬の効果が出ずに治療期間が長引く恐れが出てきます。
副作用が出る場合は、薬の摂取量が合っていない可能性もあります。
場合によっては悪い影響を及ぼすこともあるので早めに受診する必要があります。